腱鞘炎.com


腱鞘炎に関する情報をご紹介 腱鞘炎の悩み

■ 腱鞘炎と似た病気

関節の痛みや痺れは腱鞘炎の代表的な症状です、つい仕事でも酷使している場合は真っ先に腱鞘炎が思い浮かぶのではないでしょうか。 ついつい腱鞘炎だろうと、そのまま放置していませんか? もちろん腱鞘炎も早めの治療が肝心です、早い段階で違和感のある部分を休ませる事ができれば、炎症や痛みを起こし大事になる前に治めることもできます。

腱鞘炎は大人がかかるイメージがありますが、実は子供にも腱鞘炎はあります。 これは乳児や幼児に稀に見られる生まれつきの「バネ指」で、剛直母指とよばれるものです。 

大人の腱鞘炎とは異なり、子供は腱鞘炎になっても無理に力を入れるたり、ゆっくり動かせば指を動かす事が出来ますが、この剛直母指は全く動かすことができません。 剛直母指は大人の腱鞘炎と原因もちがい、親指を曲げる腱に先天性な異常があることが原因です。 これは成長すると自然に治る事もありますが、もし10歳くらいまで治らないようなら手術で改善する事も可能です。

他には腱鞘炎と良く似た症状で、手根管症候群というものもあります。 原因は腱鞘炎と同じく使いすぎが多いのですが、腱でなくて手首から手のひらにかけての神経が痛むのが特徴です。 治療法も腱鞘炎と同じ方法がとられる事が多いですが、しびれるような独特の痛みが現れます。

関節に痛みを感じる病気は、このような症例以外にも意外と多く、特にリウマチや通風と間違える事が多々あります。 もし、普段使っていない部分に痛みを感じる場合や、指でも一度に複数の指に炎症が起こった場合は糖尿病からの毛細血管の麻痺など、腱鞘炎以外の病気の可能性が高い場合もあります。
「いつもの痛み」「腱鞘炎だろう」などと楽観しないで、早めに受診するようにしてください。




▲ このページの上部へ