腱鞘炎.com


腱鞘炎に関する情報をご紹介 腱鞘炎の治療法

■ ペインクリニックとは

ペインクリニックと言うのをご存知でしょうか? 麻酔科といった方が解りやすいかもしれません。 ペインクリニックは40年ほど前に誕生した、痛みをケアするための医療機関です。 麻酔科というとなんとなく手術のイメージがありますが、ペインクリニックで行うのは痛みを止めることです。 人間が一番耐えれないのが痛みです、痛みは全ての思考を中断し行動も止めてしまいます。

ペインクリニックは一番に痛みを取り除くこと、それから痛みを止める方法を探し出します。 もちろん痛みを止めるだけの保存療法で終わらず、痛みの原因を究明するための様々な検査を行い病気の治療を行います。

痛み止めの代表的な処理は様々な方法がありますが、一番有名なのは「神経ブロック」でしょう。 これは痛みの原因となる神経に麻酔薬を注入し、神経から痛みをブロックする方法です。 他には筋肉にある痛みのポイントに局所麻酔を用い、痛みを伝わる経路を遮断するトリガーポイント注射など様々な処置で痛みを取り除きます。 なんとなく痛そうなイメージの神経ブロック注射ですが、イメージに反してあまり痛くらしく、注射が苦手な方でも問題ないといわれています。

腱鞘炎でどうしても痛みが取れない場合や、手術後に神経に障ってしまったような時はペインクリニックでの処置を検討するのも一つの方法ではないでしょうか。 五十肩やヘルニアなどでも神経ブロックは使用されますが、痛みが緩和される事で患部の周りの筋肉がほぐれ、血流が改善される事で痛みが徐々に回復するケースもあります。

各地のペインクリニックはWEBから検索できますし、ペインクリニックと明記していない場合でも、麻酔科がある病院なら処置を受けることができますよ。




▲ このページの上部へ