腱鞘炎.com


腱鞘炎に関する情報をご紹介 腱鞘炎の治療法

■ 相性の良いマッサージ治療

腱鞘炎には整形外科での治療以外にも、指圧やカイロプラティックといったマッサージもによる治療も有効とされています。 つい腱鞘炎は、痛い部分ばかり気にしがちです。 けれども、もともとは手首・肘・肩など複数の筋肉や腱の緊張や疲労が蓄積して、腱鞘へ負担をかける事が原因となり現れるものです。

緊張して固まってしまった筋肉を、マッサージすることで柔らかくほぐし、腱鞘炎を起こしている部分への血流の流れを改善する。 腱鞘への負担の原因となる「ゆがみ」を解消する事で、腱鞘炎を根本から改善する効果が期待できます。 マッサージが腱鞘炎治療に良いとされているのは、このように根本的な原因を取り除く事が、腱鞘炎の治療と予防にも有効といわれているためです。

特に腱鞘炎を繰り返し再発している人や、慢性化している人は骨格そのものに目を向けてみましょう。 無理な作業で負担が掛かり、骨格のゆがみやねじれなどを生じていませんか? もしも長い間、腱鞘炎に悩まされているようであれば、一度整体や指圧などに足を運んでみてはどうでしょうか、もしかすると腱鞘炎を誘発させる意外な原因がわかるかもしれません。

もちろんマッサージの治療効果には個人差はあります。 なかには腱鞘が狭く手術をしなければ回復しないと言われていた人が、関節のゆがみを直した事で腱鞘炎の痛みが取れたと言う患者さんもいます。 マッサージを受ける際には、あまりに痛みが激しい場合や炎症がひどい場合は避け、腱鞘炎の状態が落ち着いてからあらためて足を運んでください。 炎症がひどい状態だと刺激をあたえ、悪化してしまう場合もあります。

マッサージには緊張やストレスの緩和の効果もありますので、腱鞘炎以外でも仕事の合間の息抜きとしての利用するのも良いかもしれませんね。




▲ このページの上部へ