腱鞘炎.com


腱鞘炎に関する情報をご紹介 腱鞘炎の基礎知識

■ 腱鞘炎は女性に多い

実際に腱鞘炎で通院する患者のほとんどが、女性ということをご存知ですか? もともと腱の耐久力が女性のほうが男性より弱いということも関係しますが、一番の原因は女性ホルモンの影響です。

女性ホルモンには2つのホルモンがあり、エストロゲンとプロゲステロンの2種。 どちらのホルモンも女性の生殖活動に深く関り、女性の身体には無くてはならないものです。 腱鞘炎患者の年齢層は、20代後半と50代の女性が跳びぬけて多いことがわかります。これは更年期や出産でのホルモン変化の影響が、深く関係しているからです。

なぜ女性ホルモンが腱鞘炎と関係しているというと、まずは女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンが腱鞘炎の要因となっているケース。 このプロゲステロンには産後、出産のためにゆるんだ子宮や骨盤を元に戻す効果があります。 プロゲステロンは骨盤や骨を元の位置に戻すために、腱鞘を収縮するさせますがホルモンは全身に影響するもの。

この働きの関係で出産と関りない部分でも腱鞘が狭くなり、腱と摩擦を起こし腱鞘炎を起こしやすくなります。 これは出産後も数ヶ月続く事があります。 時期的にも生まれたばかりの赤ちゃんの世話をするために、持ち上げたり抱えたりする事も多く腱鞘炎を誘発させる事につながるためです。 このことが出産の機会の多い20代後半から30代の女性たちが、腱鞘炎に悩まされる理由です。

50代など更年期を迎えた女性は、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。 このエストロゲンには腱や腱鞘をやわらかくし、弾力を保つ働きがあります。 このため閉経によりエストロゲンが減少し、腱や腱鞘の柔軟性がなくなる事で摩擦が起こりやすくなり、腱鞘炎を患いやすくなるといわれています。




▲ このページの上部へ